2007年4月27日 (金)

歌舞伎座四月 夜の部

■ 源平布引滝 実盛物語

ビックリした! だってまさかこの芝居でいまさら泣くとは思っていなかったんだもの! しかも何度もウルウルしてしまったのだ。確かに、十数年ずっと三階席専門で、一階で観るようになってからまだ何年も経っていないから、何度も三階で観た芝居が一階で観るとまったく別物で泣けてしまうことは度々ある。この芝居もそうか? と筋書を見ると、前回は平成16年の10月。同じ仁左衛門の実盛に左團次さんの妹尾、太郎吉は男寅ちゃんだ。う~ん、その頃にはもう一階で観ていただろうか? 記憶が定かではない。幕切れに馬に乗せてもらって嬉しそうな男寅ちゃんが可愛くてしょうがなかったことはハッキリ覚えているのだけれど…。

とにかく良かったのだ。仁左衛門の実盛もかつてないほど素晴らしかったし、これまで瀬尾が左團次さんじゃないと寂しかったのに、弥十郎の瀬尾が太郎吉に  「爺じゃ、爺じゃぞ」 と言う場面では泣かされてしまった。九郎助が亀蔵と分かった時には老役なんてまだ早すぎると思ったのに、何の違和感もなく、いい九郎助だったのが驚きでもあり、亀蔵と同い年なので複雑な気持ちもあり…。太郎吉は千之助。可愛かったなぁ。孫との共演。仁左衛門が若々しいからピンとこないけど。花道を馬に乗って引き上げる場面で、なかなか言うことをきかない馬に、やさしげに微笑んで背をなでてやる、その仕草がなんともいえず良かった。涼やかさと爽やかさに優しさと柔らかさが加わるんだもの、ほとんど無敵。

■ 口上

ずらりと並んだ総勢23人。仕切りは富十郎で、昼の部の劇中の口上では合引を使っていたが、こちらは正座しているものの、よく見ると富十郎だけ緋毛氈と同じ赤い色の座布団を何枚か二つ折りで膝の間に挟んでいた。人一倍元気な富十郎も78歳になるのだものねぇ。新錦之助が十年前に自分のところへ教えをこいに来たことを語り、それ以来、「一緒に勉強してきた」 という富十郎。この姿勢はすごいと思う。 隣りの雀右衛門は今月この口上だけで、人数が多い分、長々と続くその間、ジャックの右肩がどんどん下がってくるのでハラハラしてしまった。もうすぐ87歳だものねぇ。くれぐれも無理をさせないであげてほしい。

萬屋一門がズラリと並ぶことなんて滅多にないから、それだけでもなんだか嬉しくなってしまう光景だった。ただ、獅童ってば唇を黒くしていて、すっごく不自然! 隼人クンは前髪姿が初々しい。新錦之助の人柄そのままにすがすがしい口上だった。

■ 双蝶々曲輪日記 角力場

新錦之助の襲名披露としては、「菊畑」 の虎蔵と「魚屋宗五郎」 の主計之助に加えて、この幕の与五郎 ・ 放駒長吉の二役。ほとんど出ずっぱりとなるこの幕での活躍ぶりは目を見張るものがあった。与五郎は前にも演じているし、おっとりとした役柄でニンに合っている。与五郎がニンに合うということは線が細いということで、それゆえに与五郎と放駒の二役となると難しいわけだが、これがどうしてどうして、こんなにいいとは思わなかった、と失礼な感想を抱いたくらいに良かった。襲名の魔力だろうか。もともと真摯に、ひたむきに演じる人ではあったけれど、ここまで気合の入った力強いこの人を観たことはなかったような気がする。ここしばらくの襲名はいずれも順当というか、ああおめでたいね、よかったね、で終わっていたけれど、襲名を機に劇的な変化を予感させてくれたのは魁春以来じゃないだろうか。それまでむしろ後ろの方で控えていた人が自信を持って光の中へ自分から踏み出してくる。ひと回り大きくなったように見える。今後に期待せずにいられなくなる。う~ん、これだから襲名って不思議だ。

濡髪は富十郎。放駒と対照的に動きのほとんどない役ながら、声のよさが際立つ。吾妻は福助で、吾妻と与五郎のジャラジャラしたやりとりを苦笑しながら見守る仲居の歌江、芝喜松、京蔵の雰囲気がいい。蔵屋敷の侍二人組は弥十郎と獅童で、悪になりすぎず、自然なのが良かった。茶屋の亭主は東蔵。濡髪の弟子は蝶十郎と隼人クン。

新錦之助の放駒、もうしばらくしたらまた観てみたい!

■ 新皿屋敷月雨暈 魚屋宗五郎

勘三郎の宗五郎、勘太郎の三吉、七之助のおなぎと中村屋父子がそろい、時蔵のおはま、錦吾の太兵衛、松之助の典蔵、我當の家老に新錦之助のお殿様。

中村屋はいつもどおりの熱演なんだけど、その熱演が暑苦しいというか、作りこみすぎてあざとくなってしまうというか、必要以上にコミカルになってしまうために興がそがれてしまうというか…。ご家老の前で寝転がっていい心持で鼻歌をもらす辺りは中村屋ならではのいい感じだったし、時蔵との息がピッタリだから、宗五郎が庭で酔いを醒ましておはまの膝枕で寝ている姿なんてすっごく絵になっていたし、他にもいい場面はたくさんあったのだけれど、全体としては、なんかこう、しっくりこないんだよねぇ。やっぱり宗五郎は菊五郎で観たい。

| | コメント (0)

«歌舞伎座四月 昼の部