« 第22回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第2部 | トップページ | 三月歌舞伎座 夜の部 »

2006年4月21日 (金)

第22回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第1部

さて2日目。10時開場のところ9時から並んで、西桟敷席1番の大きな升の最前列に陣取る。ワクワク。

仮名手本忠臣蔵

 - 五段目 山崎街道鉄砲渡しの場/同 二つ玉の場

海老蔵初役の勘平、市蔵の定九郎、緑三郎の与市兵衛に、秀調の弥五郎。

山賊姿でも美しい海老蔵。ここでは台詞の難はそれほど感じられない。そうそう、こういうふうに普通に喋ってくれればいいのに。

定九郎の血がうまく流れず、腿の上にボタボタと固まってしまい、イマイチ美しくなかった。事前に霧吹きで腿の辺りに薄く水をかけておくと、口にふくんだ血のりの袋から落ちた血がきれいに流れるそうだ。今回はその水が少なすぎたのかもしれない。朝の客席は全体的に静かで、定九郎が出てから倒れるまでの間、一度も拍手が起こらないのが残念だった。(自分もひとりで拍手する勇気が出なかったんだけど)。

前の晩、ホテルで秀調さんと楽しくオシャベリしたものだから、キリリとした弥五郎の姿を前にしても、つい夕べを思い出してしまう不謹慎ぶり。同じく昨日、観劇前に楽屋にお邪魔した三味線の野澤松也さんも、この幕は義太夫が出語りではないので簾内でお姿を拝見できないのが残念。

 - 六段目 与市兵衛内勘平腹切の場

海老蔵の勘平、亀治郎のおかる、升寿のおかや、右之助のお才、新蔵の源六、秀調の弥五郎に家橘の郷右衛門。

この幕の海老蔵はあっぱれだった。台詞も気にならなかったし、姿のいいのは言うまでもなく、仇討ちへの真摯な思いも十分に伝わり、舅を殺してしまったと思い込んでいる間の怯えたような表情が痛々しく、とてもいい勘平だった。

おかるも上出来で、亀治郎、すごいぞ。この興行中、文句のつけどころが一切なかった。升寿のおかやがまた、とてもとてもいい。老役払底の昨今、貴重な存在のひとり。本興行でも演じる機会がますます増えそう。新蔵の源六は初役かな? まだちょっと慣れていない感じで、たとえば助五郎、もとい山左衛門のような軽妙な味わいで笑いを誘うところまではいかないけれど、血気にはやる感じはよく出ていた。右之助、秀調、家橘いずれも手堅く、脇をしっかりと固める。家橘はこの一役のみなのね。もったいな~い。

 月雪花名残文台 (つきゆきはななごりのぶんだい)

 - 上 浅妻船

烏帽子・水干姿の白拍子朝香として登場するのは三津五郎。赤姫の衣裳をまとう三津五郎がとても新鮮。手踊りから鞨鼓、鈴太鼓を手にして、楚々として、しっとりと、品格の高い踊り。踊りにうとい素人にもその力量が分かる。

 - 下 まかしょ

男性から女性に、女性から男性にと変わる変化舞踊はいろいろあるけれど、赤姫の姿から願人坊主に変わるという、その発想がすごい。願人坊主といえば富十郎がよく踊る 『うかれ坊主』 がまず頭に浮かぶが、こちらは雪景色を背景に白装束。鼻の下をちょび髭のように青く塗っているので、見かけはひょうきん、動きは端正。愛嬌もたっぷり。

よく出る 『うかれ坊主』 で比較すると、誰もがそれぞれ軽妙に踊る中で、富十郎はブンブンと音がするような勢いがあって、菊五郎はどこか動きが重いように感じることがあり、それに対して三津五郎は、体重すらも感じさせない流麗さがある。この 『まかしょ』 でもその魅力を十分に見せてくれた。

総     括

2日間、心から堪能した金毘羅大芝居。客席がわくのはなんといっても海老蔵で、辛口の劇評家にはケチョンケチョンに酷評されてしまいそうな点がいくつもあるのに、すべて許せてしまう美貌とスター性で他を圧倒していた。それを三津五郎が素晴らしい踊りでしっかりしめくくる。全体的な構成もよかった。あらためて金丸座という劇場の魅力を再認識。そもそもこのサイズの小屋を前提として作られた芝居なのだから、本来の味わいに近いはず。ああ、できることなら毎年行きた~い!

|

« 第22回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第2部 | トップページ | 三月歌舞伎座 夜の部 »

コメント

楽しく拝見させて頂きました。
今年のこんぴら歌舞伎、期待に違わず大変素晴らしいものでした。
三津五郎さん、亀治郎さんの手堅さも良かったのですが、なんと言っても今回は海老蔵の魅力に尽きると思います。
私は祖父にあたる11代團十郎も子供の頃何回か見ていますが、はるかに上回る素質の持ち主だと思います。実に自分の見せ方を知ってをり
その役柄を自分ながらに洗い直しての解釈で、歌舞伎初心者でも簡単にストーリーの中に組み込んでしまう。あの会場の一体感は物凄いものがありました。
単に美貌だけではここまでの凄さは出ないでしょう。かさねのラストの連理引きは充分にロンドン公演を意識しての演じ方で、こんなかさねは全く見た事がありません。

細かい技術的な事は、充分追いつけるでしょうし、今そこばかり拘って小さくまとまって欲しくないと感じる、海老蔵でした。

投稿: かさね | 2006年4月22日 (土) 03時08分

あああ、溜息。うらやましすぎ……
三津五郎の踊り、みたかった。山三もみたかった。
もちろん、海老蔵の華も、だ。
あの狭い空間でこそ伝わるものを思いきり体験したかった。

と、思わず切なくなるほどのご感想でありました(笑) まるさん、本当によかったですね〜。私もまるさんのお裾分けに与れて、とっても嬉しいです!

投稿: ぽん太 | 2006年4月22日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第22回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第1部:

« 第22回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第2部 | トップページ | 三月歌舞伎座 夜の部 »