« 四月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 四月歌舞伎座 夜の部 »

2006年5月 8日 (月)

四月歌舞伎座 夜の部

井 伊 大 老

今回は最後の幕のみの上演なので、桜田門外の変に至る政争は描かれず、正妻昌子や水無部六臣・長野主膳も登場しない。場面転換もなく、お静の方の住む下屋敷だけという今回の上演はしかし、物足りないどころか、直弼とお静の方との間に流れる情愛だけがしみじみと伝わってきて、かえってシンプルでいいように思った。

吉右衛門と魁春のコンビはもうおなじみで、安定感すら感じる。魁春初役のお静の方は、控えめで慎ましい人だけに昌子への嫉妬を思わずもらす場面が生々しくならず、禅師の台詞どおりかわいらしく映る。禅師の言葉から直弼の前途に不安を感じ、その後もずっとその不安をぬぐえずにいる、その表情がとても印象的だった。

禅師は富十郎。よっこらせ、と年寄りっぽく演じていて、この人の実年齢を考えるとむしろ普通なはずなのに、日頃年齢を感じさせない人だから、老けに演じると不思議な気がしてしまう。もちろん、この役にはとても合っていたのだけれど。

歌江さんの雲の井がいい。歌右衛門の追善にはなくてはならない人だものね。

吉右衛門の直弼はもう何度も観ている気がするのだけれど、この人が武士や大名が自宅でくつろぐ場面を演じると、どうしても鬼平のイメージとかぶってしまうのよね~。

口  上

芝翫の仕切りで、歌右衛門の追善と松江の襲名/玉太郎の初舞台披露を兼ねる。まだ小さい玉太郎は、挨拶の順番が来た時点でふすまが開いてトコトコと歩いてくるのが姿もかわいらしく、最初から無理に座らせておくよりこの方がいいと思った。

大成駒の追善となると一同かしこまってしまうのかと思いきや、ギャンブルやぬいぐるみの話など素顔の逸話が満載で、とてもなごやかだった。左團次さんに至っては、マージャンのお相手に團十郎と2人で自宅によばれ、真夏なのに大成駒は健康上クーラーを使わないので汗だくになってしまい、脱いでもいいというから裸になったら、「汚いおへそだね」 と言われてそれ以来よんでもらえなくなったと…。なごやかを通り越して大笑い。又五郎先生のお元気なお姿もうれしい。又五郎先生にとっては大成駒も 「藤雄ちゃん」。そうかと思えば、「自分がいちばん怒られた。それが勲章」 という福助の言い方は、なんかちょっと、自分が一番目をかけてもらっていたと言っているようで、魁春に失礼なんじゃないかって思ってしまった。ひねくれすぎかしらん。

時 雨 西 行

梅玉の西行法師に山城屋の江口の君。相変わらず、踊りはよく分からない~。三味線方の中に 「伝の会」 の鉄九郎さんがいらして、「そういえば最近は伝の会のイベントに行っていないなぁ」 とか、「いつになくマジメな顔をして … 当たり前か」 とか、余計なことばかり考えてしまった。すまんです。西行法師の衣裳の色目がとても好きだった。渋くて上品。

伊勢音頭恋寝刃 

どうしてこうよくかかるのかなぁ。確かに歌右衛門の万野のすごさは今もしっかり覚えているし、仁左衛門の貢は文句なしの二枚目なんだけど、誰がやっても最後に、さんざん人殺ししておきながら大団円でいいのか?! と思ってしまうわけで…。

万野は福助。憧れの役だと口上で言っていた。どうなんだろう。伊勢の廓の女としては、あれではまっていたのだろうか? 憎々しければいいというもんじゃないだろう、なんて思ってしまったのだが…。今月はどうも福助に辛口になってしまうな。別に嫌いじゃないんだけど、なんだか今月の福助は、歌右衛門の追善で気負ってしまったのか、どの役も力が入りすぎて空振りしているような気が…。

時蔵のお紺は好き。勘太郎のお岸もよかった。梅玉は、貢もいいけど喜助もいいなぁ。東蔵のお鹿はやりすぎずほどよくて、死に方もあっさり。

昼夜を通して、演目は割と地味だけれど、顔ぶれはさすが大成駒と思わせる豪華版。先月の仁左衛門追善に続いて、昭和の歌舞伎が遠ざかっていくのをシンシンと感じた。

|

« 四月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 四月歌舞伎座 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四月歌舞伎座 夜の部:

« 四月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 四月歌舞伎座 夜の部 »