« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

七月歌舞伎座 昼の部

5月6月の観劇記録はとうとうサボってしまったので、今月からは、なんとしても観てきた日のうちに書くことを目標に … !

■ 夜叉が池

周囲にすでに観た人が多く、泉鏡花作品ばかりを4本集めた意欲的な (別の言い方をすれば玉さんやりたい放題の) 今月の歌舞伎座は賛否両論だというのは分かっていたし、日生劇場に続く 『海神別荘』 の再演も微妙だという声を多くきいていたので、期待より怖いもの見たさのような気持ちの方が強かった。玉三郎が贔屓の知人と一緒に2列目のほぼ中央に陣取り、開幕を待つ。

『夜叉が池』 の幕が開くと、暗い舞台に白髪の春猿。段治郎の晃も白髪で、下から黒い髪がのぞいているので不審に思っていたところ、途中で鬘を脱ぐ場面があり、春猿の百合も黒髪に戻った。わざわざ白髪にしていた理由が分からなくて、帰ってからもとの戯曲を読み返してみたけれど判然としなかった。

二人とも聴きやすくよく通る声なので、鏡花の美しい台詞がきちんと伝わってくるものの、ひとつひとつの言葉を丹念に選び出した台詞の情感を表現するには至っていない。もっとも、そこまで期待するのは酷な気もする。

右近の学円が加わり、しばらく三人の場面が続く。右近は一時期、必要以上に師匠猿之助の真似をし、声を変にくぐもらせて台詞が聞き取りにくいこともあったが、ようやく自分なりの台詞回しに戻ったようだ。とはいえ、春猿・段治郎の二人以上に歌舞伎歌舞伎した台詞回しなので、鏡花の世界の人物になっていない。

春猿は、夜叉が池の主である白雪姫も二役で演じている。姫が登場する場面は二度あるが、二度とも、流れからしてこれが玉三郎なら客席からため息がもれるだろうに、というところで、春猿にはジワを起こせるだけのオーラがない。もっとも、そもそも玉三郎と較べること自体が無理で、遠く及ばないことは春猿自身がよく分かっているだろう。玉三郎を無理やり意識の外に追い出し、春猿だけに集中して彼の若さや経験に照らして判断すれば、よく頑張っていたと思う。敢闘賞ぐらいはあげてもいい。

延夫の鯉と蝶十郎の蟹の場面は楽しかった。二人が歌い踊りながら花道に向かう場面で、客席からクスリとも笑いが起こらず静まり返っていたのは不気味はほどで、これがたとえば勘三郎と三津五郎だったらドド~ンと笑いが起きていただろうとも思ったけれど、この二人がコンビを組んでいること自体が新鮮だったし、それなりにいい味を出していたと思う。

鯉をつかまえる農夫と後で登場する小学校の教師の二人は見慣れない顔で、調べてみたら二人とも新派の人だった。玉三郎が新派で共演したことがあるのかもしれない。

出色だったのは吉弥の万年姥。姫への愛情と厳しさの両方を持ち合わせ、緩慢になりがちな舞台を引き締めていた。千秋楽までお預けの夜の部でも 『天守物語』 で富姫の乳母というべき役を演じているから期待しよう。

芝居全体が長く長く感じたし、クライマックスも盛り上がりに欠けたのは事実。それでも、誰ひとり手を抜くことなく、必死で勤めていたのが伝わってきたので -- おさらい会じゃないんだから、という厳しい意見もあるだろうけれど -- ここはひとつ、温かい目で、全員に努力賞!

■ 海神別荘

日生劇場での上演時と同様、天野喜孝が舞台を手がけ、衣裳は玉三郎と天野喜孝の共同。玉三郎の美女 (役名 「美女」 ってすごすぎる) と海老蔵の公子という配役も前回と同じだが、6年を経て、玉三郎56歳、海老蔵28歳 (ちょうどダブルスコアだ!) 

日生劇場では約1か月の公演中、この芝居だけのためのセッティングだったのだから、1日4作品を代わる代わるに演じる歌舞伎座のセッティングが日生に及ばないのは致し方ない。その制約の中で、海中を映し出すスクリーンやハープの生演奏など、日生にはなかった工夫に感心した。公子の衣裳はクラシックバレエを踊りだしそうで、マントも海老蔵が演じた信長を思い出させて、ちょっと不利というか、笑っちゃったりしたのだけれど、裾を丸くカーブさせドレスのように変形させた腰元の衣裳や、和服の上にサリーをあしらったような女房 (笑三郎) の衣裳はとても効果的だった。騎士たちは、戦う時はマントを黒に、それ以外の場面では裏返してコバルトブルーにと使い分けるのが工夫で、裏返す時になかなか紐が結べなくてモタモタしている騎士がいたりするのはご愛嬌。

玉三郎にとってはすっかり手中の役というか、いつものごとく美しく、さすがの貫禄。それに対し、海老蔵は前回と較べて飛躍的に成長している。前回はまだ玉三郎の胸を借りてただ必死に演じているというふうだったが、今回は異界の支配者としての権威と存在感を十分に身につけ、余裕すら感じられた。台詞も変に作り込むことなく、ごく自然な発声で、何の違和感もなかった。そもそもこの役、今の歌舞伎界で海老蔵以外に演じられる人はいないだろう。かろうじて菊之助はアリかもしれないと思うが、どちらかというと統治者よりは王子様のようになりそう。

殺されかけた美女が公子の魅力に気づき、コロッと態度が変わって大団円に向かうあたりから、どうにも楽しい気分になってしまい、頬が緩んでしかたなかった。なんというか、こういう芝居を歌舞伎座で観ることができるなんて~、というおかしさ。たまにはいいよねぇ、みたいな。今月は筋書もなかなか読み応えがあり、その中で、「襲名、追善が続いて、純歌舞伎の作品がこのところ多かったから、こういう企画が通りやすかったのかもしれません」 という玉三郎の言葉になるほどと思った。

… というわけで、ひとまず昼の部に限っては、賛否両論の 「賛」 に一票!

そういえば笑也だけ出ていなかったな、と気になって調べてみたら、なんと彼は初めての映画に取り組んでいた。ほぼ毎日更新しているブログがあることも初めて知った。ほほぉ。

| | コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »