« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 十月歌舞伎座 昼の部 »

2006年8月30日 (水)

稚魚の会・歌舞伎会

合同公演も第十二回。今年は小劇場で、指定席制。但し来年からはまた自由席に戻ってしまうらしい。4日間の公演の最終日、歌舞伎座千秋楽の翌日にA班B班通しで観た。

■ 修善寺物語

配役は、それぞれA班・B班の順で、夜叉王 (悟・松五郎)、かつら (徳松・由蔵)、かえで (喜昇・竹蝶)、春彦 (獅一・隆松)、頼家 (蝶之介・梅之)、景安 (吉二郎・獅之助)、行親 (紀義・芝紋)。徳松・由蔵ともに普段はむしろ引っ込み思案で内気な印象を受けるのに、気位の高い役を十分にこなしていた。二人の娘がまだ18歳と20歳なのだから、夜叉王はまだ40代ぐらいのはずだけれど、老役のように演じることが慣例になっているので、若さが邪魔になってしまうのは否めない。この芝居を初めて観た時の夜叉王は富十郎だった。幕切れに夜叉王が見せる芸術家としての非情さに背筋が凍る思いがしたことを今でもよく覚えている。単に初めて観た驚きだったのか、その後に誰が演じても (富十郎の再演も含め) あの時ほどに強い印象を受けたことは残念ながらない。どちらかといえば、松五郎の夜叉王の方が骨太で力強かった。梅之の頼家、美しい~。でも頼家といえばやっぱり、何年も前の左十次郎の麗しさが忘れられない。全体の印象は、A班B班どちらも優劣なく、よくまとまっていたし、ひたむきな演技に心惹かれた。それこそがこの合同公演そのものの魅力。

■ 廓三番叟/願絲縁苧環

例によって踊りはよく分からないし、ただそこにいるだけで漂ってくる雰囲気が大切という意味で共通していると思うので、2つをまとめてしまう。三番叟の方は、千歳太夫 (みどり・仲四郎)、新造梅里 (翔太・まつ葉)、太鼓持藤中 (梅秋・蝶三郎)、妹背山の方は、求女 (春花・伊助)、橘姫 (京珠・福緒)、お三輪 (國久・京三郎)。後者の方は物語があるからまだいいとして、廓の雰囲気だけで見せる前者は、ベテランが踊ってもそれほど印象に残るものではないから、勉強会の課題としてはかなりハードルが高いのだろうと思う。お行儀よく踊ってるな、というのは伝わってくるのだけれど、艶然とした傾城らしさを見せるには至らず、なんとも申し訳ないことにA班B班とも途中で意識を失ってしまった。太鼓持のカツラが梅秋クンにとっても似合って可愛らしかったことだけは覚えてるんだけど…。

■ 三社祭

A班は段一郎・國矢、B班は富彦・左字郎。これは踊り手による違いがハッキリ出た。まったく違う踊りを見ているようだった。こんなに違うものかとビックリ。いかんせん素人でうまく説明できないのだけれど、A班は二枚目タイプでやや直線的でスッキリと端正なのに対し、B班はどちらかというと三枚目的で動きに丸みがあって腕白坊主っぽい。優劣ではなく、あくまで個性の相違。どちらもそれぞれに気持ちよくて大好きだった。拍手喝采!

■ 双蝶々曲輪日記 引窓

与兵衛 (橘三郎・猿琉)、お早 (仲之助・春之助)、お幸 (嶋之亟・歌女之丞)、濡髪 (吉六・茂之助)。配役による違いがあるとすれば、与兵衛だけ年齢に差があって、その差が全体の雰囲気に出ていた。昇進してウキウキしている場面では猿琉の若さがほほえましいし、後半になると橘三郎のベテランの味が光る。お幸の嶋之亟・歌女之丞ともにすでに手に入った役と言っていい安定感で、いずれも勉強会レベルでなく、本興行で演じてもおかしくない。二人の演技で大きく違っていたのは、亡夫に義理がたつまいと濡髪に諭される場面。嶋之亟は一瞬、言葉を失い、ハッと気がつくという演じ方で、歌女之丞はすぐに台詞にかかる。どちらが正しいわけでもない。亡夫への義理をも忘れるほどに我が子を思う母と、重々承知していながら我が子を助けようとする母。単に解釈の違いだろう。お早にもそれぞれの個性がよく出て、仲之助はいかにもしっかり者という感じで、春之助には廓上がりらしい華やかさがあった。濡髪は、どちらも堂々としていて、なにより相撲取りらしいところがいい。勉強会であることを忘れてしまうぐらいに充実した舞台で、最初に観たA班の方では思わず涙が出てしまった。でもきっと、最初に観たのがB班だったとしてもやっぱり泣かされていたと思う。

■ 終わりに

稚魚の会・歌舞伎会合同公演のたびに思うのは、これほどの力のある人たちが普段は脇役に回って舞台を支えているということ。歌舞伎の底力を実感できて心強い。また、この合同公演を観ることで、普段はあまり台詞のない面々の個性がよく分かり、本興行の楽しみが倍加する。来年も期待しよう! 但し、歌舞伎座の第一部から第三部まで千秋楽に通しで観た翌日に合同公演のA班B班も通しというのはさすがにハードだったので、来年はスケジュール調整を綿密に…。

|

« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 十月歌舞伎座 昼の部 »

コメント

こんにちは。発見しました♪
その節は失礼しました。
楽しみに読ませてもらいます!

投稿: urasimaru | 2006年9月24日 (日) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稚魚の会・歌舞伎会:

« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 十月歌舞伎座 昼の部 »