« 十月歌舞伎座 夜の部 | トップページ | 十一月歌舞伎座 昼の部 »

2006年11月23日 (木)

演舞場 花形歌舞伎 昼の部

■ 番町皿屋敷

意外だった。古くは寿海、当代では梅玉など、口跡涼やかで朗々とした台詞回しが聴かせどころのこの役に、松緑がこんなにはまるとは実際まったく思っていなかった。時折、ここでそんなに声を張らなくても、と思う場面はあったけれど、全体の印象として、青山播磨という人間像がとても清冽に伝わってきた。一家を束ねる若き当主としての貫禄もあり、お菊への思いも十分に見せる。お菊の成敗を制止しようとする奴に対し、「おのれらの知るところでない!」 と吐き捨てる台詞に、播磨の苦衷がみてとれた。ただ、幕切れに、絶望の中で喧嘩の知らせに長刀を手に花道へ駆け込む際、座敷から飛び降り一度もとどまることなく一気に猛スピードで駆け抜けてしまい、いわゆる 「決まり」 の部分がなかったために、「え? これで終わり?」 という声が周囲で聞かれた。確かに勢いは必要だけれど、クローズアップに相当する 「決まり」 の部分はあってもよかったと思う。

芝雀のお菊はすでに手に入った役で危なげがない。朋輩のお仙は松也で、普段と様子の違うお菊を案じる様子が自然でよかった。用人の十太夫には亀蔵。同世代だけに、もうこんな老役が回ってくるようになってしまったのねぇ、とちょっと悲しい感慨が…。

■ 勧 進 帳

海老蔵の弁慶に菊之助の富樫。なんだか不思議な勧進帳だった。全体的に台詞がゆっくりで、ダレた感じはしないのだけれど、なんかこう、懇切丁寧な初心者向けの解説書を朗読されているようなまだるっこしさがあって緊張感に欠ける。それでも容姿と声の良さとで退屈はしない。現に幕切れの後、「きれいだった~」 「いいもの観ちゃった~」 という声があちこちで聞かれた。若さと美しさ、それは大きな魅力。でもそれだけでいいのか? という疑問が…。

海老蔵の眼力 (メヂカラ) で、ギョロリと目が動くたびに拍手がわく。芝雀演じる義経への思いも、大杯を飲み干すおおらかさも十分だったと思う。でもなんとなく歯車がかみ合っていない。弁慶の引っ込みもなんだかおかしな動きだった。前にズンと伸ばした右手を振り回しすぎて形がヘン。それなのに、それはそれとして、やっぱり魅力的なのよねぇ。そこが今の海老蔵のすごいところ。いつまでもそれじゃあいけないと思うけど。

■ 弁天娘女男白浪 浜松屋 ・ 稲瀬川

今度は菊之助と松緑のコンビ。「ほら、さっきの弁慶が今度は弁天よ」 と隣りのオバサマ。ちちち違~う!

初演の時には、ちょっとあぶなげで、それゆえに観ていてドキドキするのが不思議な魅力になっていたように思う。それが今では自信たっぷりに演じていて安定感すら感じる。初演時に比べると男っぽさが強くなったようにも感じた。それだけに、初演時のあの危うさはもう戻ってこないんだなぁ、という寂しさもある。

ここでも松緑がとても良かった。少し前までは、海老蔵 ・ 菊之助と3人がそろうと、どうしても松緑だけ少なからず見劣りするような印象があったけれど、今月に限っては、3人がそれぞれに主役を演じる中で、見劣りしないどころか兄貴分の風格すら感じさせた。襲名を機にグッと大きくなる人もいれば、少しずつ着実に成長していく人もいる。松緑もいよいよ花開く時を迎えているのかもしれない。

「番町皿屋敷」 では奴だった橘太郎が浜松屋の番頭。若々しい人だから老役は気の毒な気がするけれど、おかしみのある役によくはまっている。それにしてもこの番頭さん、万引きの疑いがあるからといって、相手は女性だと思っているのに額をいきなりソロバンで殴るなんて普通はしないよね。團蔵の鳶頭が座敷に背を向けていても会話の流れに応じてしっかりリアクションしている。たまに自分に関係ない場面では知らん振りしちゃう人がいるけど、こういう周囲の集中度が芝居を盛り上げる大きな要因だと思う。

稲瀬川の場に勢ぞろいする五人男が花道から順番に出てくる時、弁天と南郷だけは他の3人より本舞台に近い位置で見栄を切ることに初めて気づいた。日本駄右衛門も浜松屋の場に出ているのだから同じ扱いでもよさそうなものだけど。赤星に松也、忠信に男女蔵、そして日本駄右衛門は左團次さん♪ 父子が並ぶ姿が嬉しかったり。

★  ★  ★

菊之助の写真だけまだ販売されていなくて問い合わせが殺到していた。なんでも本人の許可がまだおりていないので、今後販売されるかどうかも答えかねるということだった。忙しくてじっくり写真を見る時間もないのか、それとも提示された写真が気に入らないのかは定かではない。さて、演劇界にはどんな写真が載るのかな?

|

« 十月歌舞伎座 夜の部 | トップページ | 十一月歌舞伎座 昼の部 »

コメント

24日新橋夜に行ったら、菊ちゃんの写真がでてましたー

投稿: urasimaru | 2006年11月25日 (土) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演舞場 花形歌舞伎 昼の部:

« 十月歌舞伎座 夜の部 | トップページ | 十一月歌舞伎座 昼の部 »