« 番外編 シネマ歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座一月 夜の部 »

2007年1月26日 (金)

朧の森に棲む鬼

“いのうえ歌舞伎” 第五弾にして初体験。染五郎は好きなのに、これまでなぜか足が向かずにいたのだが、今回はポスターに惹かれてチケットをゲット。歌舞伎座以外に国立劇場に浅草と芝居の多い一月の 「オマケ」 のようなつもりで観に行った。それほど期待していなかったので、主役が染五郎という以外ほとんど予備知識ゼロで出かけたのだが、染五郎の弟分が阿部サダヲ。好きなんだぁ、サダヲちゃん。

個人的にミュージカル仕立ての部分はあまり好きではないのだけれど、この作品にはよく合っている気がした。猥雑な街の群集シーンもビジュアルとして美しく、衣裳も舞台装置も照明も秀逸で、正直、これほど質が高いとは思っていなかった。それにメチャメチャおもしろい! これまでの作品を見逃してしまったことを激しく後悔することになった。

すごいぞ染五郎。最後までまったく改心することのない悪党そのものなのに、凄まじいまでにカッコイイ。彼が歌舞伎を捨てるはずはないけれど、捨てても十分にやっていける人なんだろうなぁ、と思ってしまった。獅童も歌舞伎以外の活躍で注目されているし、丹下左膳のように主役を務めた舞台もあるけれど、どちらかといえばインパクトの強い脇役の方が向いている。その点で染五郎とはやはりオーラの強さが違う。悪のできる二枚目は強い。

染五郎に限らず、全般的に立ち回りその他のスピード感と動きの美しさにも圧倒された。
なじみのない劇団なので、染五郎と阿部サダヲのほか、オオキミ役の田山涼成とマダレ役の古田新太以外はまったく知らないのだが、女優陣ではツナ役の秋山奈津子が特によかった。

大江山の鬼退治がベースになっているので、国の名前もオーエだし、ライは源頼光、シュテンは酒呑童子、ツナは渡辺綱、キンタは金太郎こと坂田金時からだと容易に想像がつく。タイトル 「朧の森に棲む鬼」 の英題は 「Lord of the Lies」 なので、ウソをウソで固めて舌先三寸でのし上がっていく主人公ライの名前には Lies も暗示しているのかもしれない。

本水を使った舞台では、いつも猿之助を思い出す。古くから舞台で水を使うことはあったし、最近でこそ勘三郎もかなり大胆な水の使い方をしているが、何トンもの大量の水を滝のように降らせて観客の度肝を抜いたパイオニアは猿之助だったはずだ。大滝に打たれながらの激しい立ち回りは今も目に残っている。

弟分のキンタさえ手にかけたところで、ライは芯からの悪人なのだと強く印象付けた。キンタが死んでしまって、これでもうサダヲちゃんは見られないのかと悲しかった。だからキンタが再び登場した時には思わず拍手してしまった。無意識のうちに急所をはずしていたのは、弟分に対して少しは情が残っていたのか。周りを欺き頂点に登りつめることができたとしても、そこにどんな喜びがあるというのか。最後まで毒づきながらも、滅びる瞬間までカッコよかった~。

幾度かカーテンコールが繰り返され、劇場のアナウンスが入ってもなお拍手が鳴り止まず、その後も再びカーテンコール。次の “いのうえ歌舞伎” も絶対観たいっ!

|

« 番外編 シネマ歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座一月 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朧の森に棲む鬼:

« 番外編 シネマ歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座一月 夜の部 »