« 御園座 陽春花形歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座四月 夜の部 »

2007年4月27日 (金)

歌舞伎座四月 昼の部

中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露 四月大歌舞伎

■ 當年祝春駒 (あたるとしいわうはるこま)

曽我物語がそのままそっくり踊りになっているので、踊りというよりほとんど芝居を観ているのと同じ感覚で楽しめる。工藤役の歌六と茶坊主役の種太郎を別にすれば、獅童 ・ 勘太郎 ・ 七之助の3人がそろうとまるで浅草歌舞伎のよう。それでも歌舞伎座という劇場はやはり特別なのか、3人とも浅草で観るより大人びて見えるから不思議。

工藤が五郎 ・ 十郎兄弟に渡す 「狩場の切手」 って、表面にそのまま  「切手」 って書いてあるのね。そういうもん? 切手って、単なる普通名詞で、「狩場入場証」 とか 「工藤なにがしのなんたら」 とか書いてあるのが本来なんじゃ? まぁ、別にどうでもいいことなんだけどぉ。

■ 頼朝の死

何度観ても、暗がりの中で頼家がひとり御簾越しに月を見上げている場面は冴え冴えとして美しいと思う。

梅玉の頼家、歌昇の重保、福助の小周防という組み合わせは6年前の同じ4月の舞台とまったく同じで、その時も観ている。だがまったく別の舞台のように感じられた。まずなによりも、今までこの芝居はずっと頼家の気持ちになって観ていたのだけれど、今回は最初から最後まで重保が気の毒でならず、しまいには頼家に対して憤りまで感じてしまったのだった。重保が重苦しい秘密をひとりで抱えきれずに小周防にぶつけてしまったのがさらに悲劇を招いたとはいえ、ああまで執拗に責め立てなくたっていいじゃないか、と、前回まではこんなこと思わなかったはずなんだけどなぁ。単に私が年をとるにつれて感じ方が変わっただけなのかしらん?

それはそれとして、耐え難かったのが福助の変化だ。前回はほとんど記憶にないぐらいだから普通に演じていたと思う。ところが今回は、一体どうしちゃったの? と思わず眉間にシワが寄ってしまったのだ。まず最初に頼朝の三回忌法要が営まれている法華堂の門前で重保に行き会い、自分の贈った歌を読んでくれたかと恥ずかしそうに尋ねる場面で、福助の小周防はクネクネと身体をしならせ鼻声を出す。まるでコントを見ているようだった。「もとはお姫様だったことを忘れないように」 という真山美保の教えを胸に演じる、というようなことを筋書で言っているが、とても姫の動きではない。さらに後半、真相を明かせば重保と添わせてやるとの頼家の言葉に心が揺れる、ここまでは良かったし、派手に泣き崩れる場面も不自然さはなかった。ところが、重保が自分も小周防に思いを寄せている、と口にした途端、舞い上がる気持ちを表現しようとしたのだろうけれど、口を開いたまま目が宙を泳いでにやつく顔がどうにもいけない。どうして最近の福助はこう大事な場面をマンガチックにしてしまうのだろうか。

■ 男女道成寺

ブラボー! 文句なしに楽しかった! これまでに観たことがあるのは菊五郎と丑之助時代の菊之助の父子コンビと、橋之助 ・ 福助の兄弟コンビだけだったので、まず仁左衛門と勘三郎という顔合わせが新鮮。仁左衛門の女形といえばすぐに思い浮かぶのは 「先代萩」 の八汐で、桜子として登場する白拍子姿の仁左衛門は、顔だけ見ると八汐に近かったりもするのだけれど、烏帽子が落ちて男であることが知れ、狂言師左近として再登場する場面で、一瞬にして舞台がパッと明るくなったように感じられた。この明るさ、爽やかさ、涼やかさはこの人ならではのものだろう。勘三郎の道成寺はもう見慣れているはずなのに、仁左衛門と並ぶといっそう可愛らしく、乙女チックに見えてくる。普段から仲のいい2人だけに息もピッタリで、鈴太鼓の音も気持ちのいいぐらいに重なり合う。丸に二の字の紋を配した仁左衛門の鈴太鼓は真新しく、勘三郎の鈴太鼓は使い込まれているのが一目で分かるのも面白い。この幕用に作られた手拭いもしっかりゲットできたし、嬉しく楽しい一幕だった。

■ 鬼一法眼三略巻 菊畑

この場の鬼一法眼が 「四の切」 で義経を匿っている法眼館の主であり、遡れば鞍馬山で牛若丸に剣術を教えていたのも鬼一であること、奴姿で義経すなわち虎蔵に従う鬼三太が鬼一の弟であり、鬼一と鬼三太が互いに腹の探り合いをしていることなど、背景が分かっていないと何がなんだか分からないのがこの芝居。そしてまた、何度か観ていて背景はしっかり分かっているはずなのに、この場だけポンと出されるとやっぱり入り込めないままに終わってしまう。おそらくこの演目が繰り返し上演されるのは、筋がどうとか芝居としての見所がどうとかいうことでなく、顔合わせこそが眼目なのだろう。若武者姿の虎蔵、色奴の鬼三太、貫禄十分の座頭格の鬼一、赤姫の皆鶴姫、公家悪の淡海と、様々な役柄がそろい、一堂に会する。そのいかにも歌舞伎らしい絵面を楽しむものなのだろう。その意味では、新錦之助の虎蔵、吉右衛門の鬼三太、富十郎の鬼一、時蔵の皆鶴姫、歌昇の淡海と役者がそろって見ごたえがあった。

前回、左團次さんの鬼一は花道から出てきたが、今回は上手の奥院から出てくる。病に臥せっていた鬼一が久々に体調がいいので花を見にくるという設定を考えると、奥院から腰元に手を引かれてよろよろと出てくる今回の形の方が理にかなっている。

淡海に言い寄られて皆鶴姫が嫌がる場面、時蔵の皆鶴姫のもう本当にイヤでイヤで仕方がないという表情が印象的だった。

劇中で口上。富十郎は今月の舞台で膝を痛めてしまい正座ができないそうで、合引を使っていた。劇中の口上は、口上が終わって何もなかったように芝居に戻るところが楽しい。

|

« 御園座 陽春花形歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座四月 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御園座 陽春花形歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座四月 夜の部 »